カマグラゴールド服用前に危険性を知っておこう

黄色の文字で書かれたwarningの文字
効果が高いため、EDを治したい・バイアグラのような効果をもつED治療薬を安く買いたいという人におすすめのカマグラゴールドですが、1錠100mgの販売もあることで注意も必要なのです。

なぜ注意が必要なのか、それは1日の最大摂取量が関係しています。
また、それだけでなく他の薬との併用や持病に影響を及ぼしてしまう恐れもあるので、カマグラゴールドの服用前に危険性については理解しておく必要があります。

カマグラゴールドの危険性とは

もともとカマグラゴールドは、外国人向けに開発されているため作用は比較的強めです。
さらに、1日の摂取量の上限100mgと同じ成分量の錠剤も、別名「カマグラ100」として販売されています。

その1錠を飲むと、1日の摂取量の上限となってしまうので服用後の体調の変化には注意が必要です。
服用量が多いと、副作用が強くあらわれる可能性があるため注意してください。

そして併用している薬や持病によっては、カマグラゴールドの服用が危険なことになってしまう場合もあるのです。

併用禁止薬とカマグラゴールド

たくさん散らばっている禁止マーク
特に、狭心症や心不全の薬(ニトロ)であったり不整脈治療薬(アンカロン錠)は血圧を下げるための薬であり、カマグラゴールドと併用すると相互作用によって過度に血圧を下げる危険性があります。

また、他の血圧などに影響する薬との併用もしないでください。
使用している薬については、飲み薬だけでなく注射や吸入タイプ・貼り薬・塗り薬なども当てはまります。

いずれかが当てはまっているにもかかわらず、併用禁止に従わず自己判断でカマグラゴールドを併用してしまうと、必要以上に血圧が下がって危険な状態になりかねません。
危険なので自己判断は絶対にしないでください。

カマグラゴールドを服用しないほうが良い方もいる

薬の併用禁止だけでなく、持病もカマグラゴールドの服用に大きく影響してしまうのです。
重度の心臓病や肝臓の疾患・脳卒中や目の網膜の病気を抱えている人は、カマグラゴールドの服用を避けたほうがいいでしょう。

さらには血圧をうまくコントロールできない人、つまりひどい低血圧であったり高血圧である場合もおすすめできません。
カマグラゴールドの作用が、血管や血圧に影響して持病や副作用の悪化につながってしまうのです。

特に肝臓の疾患を抱えている方は薬の成分が分解される際に肝臓に大きな負担がかかるため、さらに状態を悪化させてしまう危険性が高いでしょう。

EDを改善する以前にさまざまな症状を悪化させる危険性があるので、場合によってはカマグラゴールドを服用しないほうが良い方もいるのです。

危険を回避してカマグラゴールドでED改善!

両手の平を顔で見せるようなポーズをする男性
ED治療の効果が高いカマグラゴールドですが、血行を促進させてペニスへの血流を増加させるため、どうしても血管などに負担がかかってしまいます。

そのため、カマグラゴールドの服用が危険な状態を引き起こす可能性もあるので、事前に危険性を理解し、回避する必要があります。
持病や服用中の薬などがある人は、併用について担当医や専門医に前もって確認しましょう。

そして正しい服用方法を守れば、安全にカマグラゴールドの効果を得ることができるうえに、少量から服用を始めることでより安全にカマグラゴールドの効果を得られるようになります。