カマグラゼリーは錠剤が苦手な人におすすめ

カマグラゼリーのパッケージ画像
病院処方のED治療薬にも使われているシルデナフィル配合のカマグラゴールドは、ジェネリック医薬品としても有名ですが錠剤が苦手という方は、なかなか使うことができないでしょう。

そんな方におすすめなのが、同じシリーズのカマグラゼリーです。
同一成分であっても、錠剤とゼリーではどう違うのか知っておきましょう。

即効性が高いカマグラゼリー

錠剤タイプの場合は、セックスの1時間前には服用することが推奨されていて、飲むタイミングが遅れると効果の発現が遅れるので注意が必要です。

せっかくの勃起促進・維持の作用を無駄にしないためにも、そのときの雰囲気や行動の流れを自然にもっていかなければいけません。

それが、ゼリータイプなら15分~30分程度では効果があらわれはじめるので、ホテルなどの部屋でそういう雰囲気になるタイミングで服用しても十分に高い効果を発揮してくれるでしょう。

カマグラゼリーのほうがカマグラゴールドよりも即効性があり、20~30分程度であれば入浴などのセックスの準備をしてスローペースで始めれば、違和感なくEDの改善効果を得ることができます。

ゼリータイプだから水なしで服用できる

円状に並べられたゼリー
ED治療薬にも多い錠剤タイプは、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

カマグラゼリーなら飲みこみやすいゼリー状であるため、水なしで服用できるのです。
これまで薬を飲んでいたように、水を用意する手間を無くすことができます。

だからといって、いつ飲んでも高い効果が得られるというわけでもありません。

シルデナフィルは食事の影響を受けやすい性質があるため、食事の30分前もしくは食後2時間以上が経過した後の服用が推奨されているのです。

フルーツ味で薬の苦みを感じにくいから飲みやすい

錠剤を1錠そのまま飲むときはもちろん、量を調整しようと割ったりすると余計に薬の苦みを感じることがあります。

それによって、ED治療のための薬の服用が億劫になってしまう方も少なくありません。

薬の苦みが気になる方でも、カマグラゼリーは7種類のフルーツ味(ライチ・グアバ・キャラメル・ラズベリー・キウイ・グリーンアップル・いちじく)があるので苦みを気にせずに飲むことができます。

そんな薬ならED治療を続けるうえでも、飲みやすく使いやすいでしょう。

1回分が1包だから持ち運びに便利!

後ろのポケットに入っている財布
シートタイプの錠剤は、何かの拍子にシートが破れて余分に出るなどしてしまうと、戻すこともできません。

そのため別のケースや入れ物を持ったりする方もいますが、カマグラゼリーはそんな必要がないのです。

それは1回の服用分が1包なので、財布に入れるなどして簡単に持ち運ぶことができます。
だからこそ、バッグを持たない男性でも普段の持ち物の中に入れられる便利さがあるのです。

ただし、1包に配合されている有効成分は100mgであり、1日の最大摂取量を服用することになるため、はじめは半分だけ飲むなど量を調整しましょう。

カマグラゼリーならED治療を隠し続けられる

錠剤タイプなら、水を用意したり服用のタイミングを調整する必要があるので、何回が繰り返していればそのうちEDで薬を飲んでいる、とバレる心配もあります。

しかし水なしで服用ができて即効性もある、そして持ち運びも便利なカマグラゼリーであれば、相手の女性にもED治療を隠し続けやすいでしょう。

このように風俗や遊びはもちろん、彼女や奥さんにもEDであることがバレたくないという場合も活用できるのです。

錠剤が苦手な人でも使いやすいカマグラゼリー

スーツ姿の男性
シルデナフィル配合のカマグラゴールドを使いたい、でも錠剤が苦手という方にカマグラゼリーをおすすめします。

水なしでサッと服用できるだけでなく、フルーツ味で飲みやすくて即効性も高い、さらには1回1包で持ち運びに便利なED治療薬なのです。

これほど使いやすいカマグラゼリーは、ED治療を隠していたい方にも適しているといえます。

カマグラゴールドとほぼ同じ効果をもっていて、同じアジャンタファーマ社製造のED治療薬なので、安心して使うことができるでしょう。