カマグラゴールドの服用で高い効果が得られる

薬と水の入ったグラスを手に持つ男性
サプリメントのようにいつでも飲んでいい訳でもなく、風邪薬のように食後の服用をしても、カマグラゴールドの高い効果を得ることはできません。

市販薬はもちろん処方薬同様、正しい飲み方をおこなうことは大切ですが、そのなかでも自分自身に適した用法・用量で飲む必要があるのです。

飲み方を誤ると、強い副作用が起こりやすくなったり効果が半減する可能性もあるので十分に注意しましょう。

高い効果を得るカマグラゴールドの飲み方

カマグラゴールド通販では、50mgと100mgの販売があるので、服用するとき量には注意しなければいけません。

正しい服用方法は1日25mg~50mgを1回、セックスの1時間前ぐらいに飲むことです。

つまり25mg服用なら、50mgを半分もしくは100mgを4分の1にカットして飲むというような調整が必要となるでしょう。

このとき1日の最大服用量は100mgなので、25mgや50mgで十分な効果が得られない場合は徐々に服用量を増やしても問題はありません。

最大摂取量を超えても高い効果があらわれやすくなることはなく、ただ辛い副作用だけが強くなる可能性が高いので1日の摂取量が100mgを超えないことが大切です。

そして服用の際、成分などに影響しないためにも水かぬるま湯で飲むようにしてください。

一度飲んだら、次飲むまで24時間以上はあけるよう推奨されています。

食事やお酒の影響を受けやすいカマグラゴールド

お酒を飲みながら焼肉をつつく男性の手元
カマグラゴールドは服用してから、30分程度で効果があらわれ始めて1時間前後で効果のピークを迎えるため、セックスの1時間ほど前の服用が良いといわれているのです。

このとき空腹でありノンアルコールの状態が良いとされているのですが、それは有効成分のシルデナフィルが食事やアルコールの影響を受けやすい理由があります。

それは食事の後に飲んでしまうと食事を消化して分解するまでの時間が必要になるため、効き目が遅れたり効果が弱く感じる場合もあるのです。

そしてアルコールは飲みすぎることで、興奮したり性的刺激を受けても勃起しにくい状態になってしまう恐れがあるので、せっかくカマグラゴールドが作用してもお酒の飲み過ぎによって勃起が妨げられる可能性もあります。

影響を受けないためにも、食事の30分前もしくは食後2時間以上経過してからカマグラゴールドを飲むことで、効果の半減を防げるでしょう。

飲み合わせや過剰服用で強い副作用を引き起こす危険性がある

正しい飲み方として飲むときに水かぬるま湯が推奨されていますが、もしグレープフルーツジュースなどのように飲み合わせが良くない飲み物で飲んでしまうと、有効成分の分解を遅らせてしまう可能性があるのです。

すると、血中濃度が必要以上に高まって重度の副作用を引き起こしやすくなります。

さらに24時間の間隔を空けずに2度目を服用することでも、血中濃度が高まって強い副作用を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

これは1日の最大摂取量を超える超えないに限らず、50mgで効果が足りなくてさらに50mg追加したい場合も副作用に影響する可能性があります。

副作用が強くなると、せっかくの効果が感じられなくなってしまうので注意しましょう。

これらのことからカマグラゴールドは、1日1回の服用であり最大摂取量は100mgまで、ということは理解したうえで服用してください。

カマグラゴールドを正しく飲んで最大限の効果を得よう

ほかにも、持病や何らかの疾患の治療中であったり薬をカマグラゴールドと併用することを考えている場合は、一度医師に併用しても問題がないか確認したほうがいいでしょう。

医薬品である以上、カマグラゴールドにも飲み合わせの悪い薬などもあるため、併用には注意したうえで正しく飲む必要があります。

服用量や回数などを正しく守って服用することが、カマグラゴールドの効果を最大限に得ることにもつながるでしょう。